MSD-3Mのワンランク上をいくモデム。受信通信の保存が可能。

特徴

  • 基本監視ソフトとのセットにより、LPG集中監視センタ構築が「超低価格」にて実現可能!
  • 18,000件分の通報情報を保存。万が一、監視センタがダウンした場合でも、NCUからの通報を受信できます。
  • 単体活用はもちろん、サーチアスG以外の集中監視システムと連動可能!
  • 共通型NCU、特定小電力無線型NCUに対応!
  • リンギング、ノーリンギング発信ともに対応!
  • 電話回線が同時に3回線まで収容可能!!※ 本製品はLPG集中監視センタの通信専用装置です。

主な機能

設定

付属の専用設定ツールをパソコンで起動し、本装置の設定を行います。設定時は、本装置とパソコンをシリアルケーブルかLANにて接続します。

オンライン・オフライン機能

本装置の稼動状態にはオンラインモードとオフラインモードがあります。オフラインモードでは本装置単体で通報の受信を行います。
オンラインモードは集中監視センタと接続されている状態で、 集中監視センタからのコマンドにより本装置の制御が可能です。

バッファリング

設定により指定された通報種別の通報を受信した時、 通報データの蓄積(バッファリング)を行います。
バッファリングデータが対応件数(18,000件)に達した場合は古い通報データに新しい通報データを上書きします。

プリンタ印字

緊急通報設定内容、およびLCD画面の印字を行うことができます。

通信

共通型NCUおよび弊社指定の特定小電力無線NCU、PAUの通信方式に 対応しています。